沿革

昭和31年(1956年)6月 段ボール紙器の販売を目的として、東京都中央区日本橋に協亜紙業(株)を設立創業。
昭和32年(1957年)9月 段ボール紙器の販売を目的として、東京都大田区鵜ノ木に(株)太洋段ボール製作所を設立。
昭和37年(1962年)9月 協亜紙業(株)を(株)太洋段ボール製作所に吸収。
昭和40年(1965年)12月 輸出梱包業務の開始に伴い、社名を株式会社太洋に改称。
昭和43年(1968年)8月 輸出梱包工場を横浜市港北区菊名に移設し、新たに鶴見事業所を開設。
昭和45年(1970年)3月 (株)太洋梱包事業部を設立。
昭和48年(1973年)3月 相模事業所、埼玉営業所を開設。
昭和51年(1976年)5月 段ボール製造工場を現在地へ移転。
昭和59年(1984年)8月 (株)太洋物流を設立。
平成元年(1989年)1月 湘南営業所を開設。
平成元年(1989年)8月 (株)太洋梱包事業部を(株)太洋ロジスティックスに社名変更。
平成2年(1990年)3月 太洋第一ビルを大田区鵜ノ木の旧段ボール工場跡地に竣工。
平成6年(1994年)4月 本社を横浜市港北区大豆戸に移転。
平成7年(1995年)8月 大黒事業所を開設。
平成10年(1998年)11月 横浜事業所梱包業務部門を大黒事業所へ統合し業務を開始する。
平成10年(1998年)12月 本社社屋を新設し、現在地へ移転。
平成13年(2001年)12月 (株)ティー・ワイ・シーをM&A、紙器部門の拡充を図る。
(株)太洋、資本金を3,000万円に増資。グループ6,000万円。
平成14年(2002年)4月 高齢者雇用による新事業部門、メンテクルサービスとして発足。
平成15年(2003年)8月 紙器事業部、環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得。
平成16年(2004年)4月 (株)太洋物流、(株)太洋ロジスティックスが合併し、(株)太洋ロジスティックスとして、 資本金2,000万円となる。
平成16年(2004年)7月 業容拡大により、横浜事業所を開設。
平成16年(2004年)12月 (株)太洋、資本金を4,000万円に増資。グループ7,000万。
平成17年(2005年)6月 メンテクルサービス部門を(株)太洋メンテクルサービスとして設立、高齢者活用とサービス事業に本格進出開始。
平成18年(2006年)6月 東和紙工株式会社をM&Aにより買収。国内事業部門の拡充を図る。同社の資本金1,000万円を加え、グループ資本金8,000万円。
平成21年(2009年)3月 横浜事業所を業務合理化と生産効率を図るため、大黒事業所に再統合。
平成22年(2010年)8月 鶴見事業所、品質マネジメントシステム(ISO9001)取得。
平成24年(2012年)4月 (株)太洋ロジスティクスを合併し、同社の資本金を加え6,000万円、グループ資本金8,000万円。
平成26年(2014年)4月 業務拡大により、相模倉庫を開設。
平成27年(2015年)4月 業容拡大により、東京事業部を開設。
圏央営業所開所により、相模倉庫を集約。
平成27年(2015年)10月 東和紙工(株)を吸収合併。資本金は相殺によりグループ資本金7,000万円。
平成30年(2018年)5月 湘南営業部を業容拡大の為、平塚新工場に移転。